新幹線チケットを格安料金で予約!【全国版】

新幹線ハック

東京→大阪

【東京-大阪】新幹線+宿泊の格安ホテルパック徹底比較!おすすめは?

更新日:

東京~大阪間の新幹線チケットを予約する際に、もし宿泊を伴うのであれば、ぜひ検討をおススメしたいのが『新幹線(往復)+ホテル』をセットで予約することです。もちろん、新幹線チケットとホテルを別々に予約することも可能ですが、セット(パック)で予約したほうが断然お得です!

                   ※画像:日本旅行公式サイト(http://www.nta.co.jp)より

とは言っても、ホテルパックをどこで予約できるのか、どこが安いのか、予約条件によってどのように違いが出るのかなど気になる点も多いと思います。そこでこの記事では、東京~大阪間の『新幹線+ホテルパック』を予約するならどこがおススメなのかご紹介します。各種予約方法でのメリットやデメリットも明示しますので、旅行の目的に合わせて参考にしてください!

 

新幹線+ホテルパックとは?

 そもそも、新幹線チケットとホテルをセットで予約するってどういうこと?という基本的な疑問にお答えします。

 

一般的に宿泊の伴う旅行の場合、交通機関のチケットと宿泊先のホテルや旅館を別々に予約することを考えがちです。しかし、交通機関のチケットとホ テルをセットで(抱き合わせで)予約することも可能です。この点では皆さんご存知の、飛行機の往復チケットとホテルや旅館をセットにして予約できる「パックツアー」が代表格と言えます。同様のことが、新幹線でもできちゃうんです。特に東京~大阪間のような、メジャーな区間の新幹線チケット+ホテルのパック商品は利用者も多く、複数の旅行代理店で予約することができます。

予約が成立すると、出発日の5日~1週間前(代理店により異なる)に、旅行に必要なチケットやクーポン類が自宅や指定場所に「郵送」されてきます。直前予約可能なプランの場合は、プリントした乗車票を店舗窓口に持参して、チケットを受け取る形となります。

では、「東京~大阪間」の場合、旅の目的や条件に合わせて、どんなパック商品がおススメなのかご紹介します。(ホテルパックで選択する新幹線はすべて「往復」となります。また、最安値は日々変化しますので「目安」としてご理解ください)

 

JR東海ツアーズ

JR東海が運営する旅行代理店「JR東海ツアーズ」では『ぷらっと旅』という名称で新幹線+ホテルパックが販売されています。

インターネットからのみ申し込むことができる格安のWEB限定商品と、料金は少し高くなりますが、店舗窓口で説明を受けながら申し込める(WEB申し込みでもOK)商品とがあります。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。まずは、WEB限定商品の最安値プランは下記のとおりです。

ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター/往復「こだま号」指定席利用⇒20,200円/名

             ▼ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター

ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンター」は新大阪駅から徒歩6分の場所にあり、さらに大阪市営地下鉄の新大阪駅からも徒歩5分と、とても利便性が高いホテルです。梅田やなんばへのアクセスも便利です。ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンターの最安値プランは20,200円/名(ツイン)で、往復「こだま号」の指定席を確保できます(のぞみ号、ひかり号でも予約可)。

「こだま号」で格安旅!

往路は6:56~19:26の時間帯に出発する11本の「こだま号」から選択することが可能で、復路は12本の「こだま号」から選ぶことができ、希望する新幹線を第3希望まで入力することができます。往復とも片道当たりプラス2,000円でグリーン車に乗車することも可能です。なお、2名以上で予約する場合『座席の混み具合によっては座席が離れてもよい』もしくは『座席が離れるなら、第2希望以降がよい』のどちらかをチェックする必要があります。第2、第3希望の列車のほうが、座席が離れない可能性が高いと言えます。こだま号は、停車駅が多いため東京駅~新大阪間の所要時間が片道4時間と、最速の「のぞみ号」より1時間半ほど多くかかりますが、特に急がない旅であれば格安で往復することができます!

店舗でも申し込める商品での最安値は、上記同条件で20,300円/名となります。ホテルは新大阪駅から徒歩40分(電車で約15分)の「ホテルプラザオーサカ」で、イベントや各種フェアが多いホテルで、敷地内に無農薬野菜を育てる「プラザファーム」があるのが特長です。新大阪駅に近いホテルはWEB限定商品のほうが充実していますが、特に新大阪駅からの距離を気にしない方にとっては、JR東海ツアーズの窓口でも比較的安いプランを探すことができます。

ぷらっと旅のメリットは・・・インターネット予約で、とにかく格安新大阪駅に近いホテルをパック予約できる!希望時間帯によっては新幹線の座席を隣同士にしてくれる可能性が高い!

ぷらっと旅のデメリットは・・・窓口で購入する場合営業時間が短い(平日11:00~19:30)。WEB・窓口どちらの予約でも「こだま号」以外の新幹線(のぞみ号・ひかり号)はすべて割増料金(1,600円~6,400円)が必要になる。

こんな方におすすめ

  • インターネット操作が得意で、WEB限定商品でお得にホテルパックを予約したい方!
  • WEB商品より少し高くて、新大阪駅からやや遠いホテルでもいいので、店舗で担当者とじっくり相談しながら予約したい方も!     

 

駅探

乗換案内サービスからスタートした「駅探」ですが、現在では『新幹線+ホテルセットプラン』という商品名でホテルパックを展開しています。

「駅探」は実店舗を持たず、インターネット予約のみとなります。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ホテルオークス新大阪/往復「のぞみ号」指定席利用⇒24,700円/名

              ▼ホテルオークス新大阪

ホテルオークス新大阪」は新大阪駅から徒歩13分の場所にあり、さらに阪急電車の南方駅のすぐ前と、とても利便性が高いホテルです。南方駅を使えば、特に京都方面の旅行や出張に大変便利です。ホテルオークス新大阪の最安値プランは24,700円/名(セミダブル)で、往復「のぞみ号・ひかり号・こだま号」のいずれかの指定席を確保できます。往路は全時間帯の40本以上の新幹線から選択することが可能で、復路も同様です。

「のぞみ号」でも割増なしの便が多い!

のぞみ号を選択する場合、早朝の便を選択すると最高3,200円の割増料金がかかりますが、11:00~15:50の時間帯であれば、のぞみ号・ひかり号の多くの便で割増料金がかかりませんので大変お得です。また駅探の特長として、こだま号を選択すれば全時間帯で表記金額より1,600円の割引が受けられる点です。上記プランの場合であれば、1,600円の割引で23,100円でホテルパックを予約できることになります。なお、2名以上で予約する場合「 近い席」、「 なるべく近い席」、「 遠い席」、「 なるべく遠い席」から座席希望を入れることができます。確実に隣同士になれる保証はありませんが、希望を入れられるのはうれしいですね。

駅探のメリットは・・・のぞみ号、ひかり号であっても、差額なしで乗車できる時間帯が多くある。こだま号であれば必ず割引がある!

駅探のデメリットは・・・旅行代金総額で他社よりやや割高に設定されている。2名で利用の場合、「隣同士」の座席指定は不可。

こんな方におすすめ

  • のぞみ号を利用して、速く・安く往復したい方に!
  • 選べる新幹線の選択肢がた~くさん欲しい方にも!

 

日本旅行

日本旅行のブランド「赤い風船」では、「JR・新幹線+宿泊セットプラン」の名称でホテルパックを展開しています。

「日本旅行」はインターネット予約と実店舗での予約の両方が可能ですがネット予約限定の商品がとても充実しています。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)の料金(インターネット専用商品)をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ユニゾイン新大阪/往復「こだま号」指定席利用⇒20,600円/名

               ▼ユニゾイン新大阪

2018年3月1日に開業したばかりの「ユニゾイン新大阪」は新大阪駅から徒歩2~3分という至近距離にあり、駅からのアクセスは抜群です。さらに大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅の正面に位置しており、梅田やなんばへ行くにも、とても利便性が高いホテルです。ユニゾイン新大阪最安値プランは20,600円/名(セミダブル)で、往復「こだま号」のいずれかの指定席を確保できます。往路は6:56~19:26の間で運行する11本のこだま号から、復路は7:53~18:53の間で運行する12本のこだま号から選択できます。

座席に関する希望が入れられる!

日本旅行のWEBサイトでは、予約画面で「15文字の要望事項」を入力することができます。『2名以上の座席の手配については、混雑状況により座席が離れる場合があります』という注意書きがあるので、複数人の場合100%確実に隣同士(あるいは前後)になれる保証はありませんが、希望を文字で入力できるのは他社にない特長です。基本プランは「こだま号」を選択することになりますが、のぞみ号を選択する場合、基本料金が3,200円アップし総額で23,800円となります。午前11:00以降の多くの「のぞみ号」で料金はそれ以上上がりませんが、早朝など時間帯によっては片道当たりさらに3,200円~6,500円の割増料金がかかります。

日本旅行のメリットは・・・選択できるホテルが多く、時期によっては他社に比べて2倍の宿泊施設から選択可能。さらに新幹線の座席に関する要望を15文字以内で書き込める!

日本旅行のデメリットは・・・サイト上には店舗で申し込む場合の商品情報が非常に限られており、WEB商品との差額がよく分からないのぞみ号を選択すると必ず割増料金となる

こんな方におすすめ

  • こだま号でのんびり格安旅行を楽しみたい方!
  • 新規オープンのホテルから老舗まで、多くの選択肢の中からじっくり宿を選びたい方にも!            

 

阪急交通社

阪急交通社でも、新幹線+ホテルパックを販売しています。商品名は「ファミとりっぷ」や「お得だ値!」といった名称や、特に名称が付いていない商品もあります。

「阪急交通社」はインターネット予約と実店舗での予約の両方が可能ですが、基本的にネットでも店舗でも同じ商品を扱っています。ですから、店舗で入手したパンフレットを見ながら、ネット予約することも可能です。ネット予約なので、金額が安くなったり高くなったりすることはありません。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ホテル阪神大阪/往復「こだま号」指定席利用⇒21,300円/名

                   ▼ホテル阪神大阪

ホテル阪神大阪」は新大阪駅から電車で13分(徒歩60分)の場所にあり、JR大阪環状線の福島駅すぐの場所にあります。さらに大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅の正面に位置しており、大阪市内のどこへ行くにも便利ですし、東西線の新福島駅もすぐ近くなので尼崎方面へ行くにも便利です。ホテル阪神大阪最安値プランは21,300円/名(ツイン)で、往復「こだま号」のいずれかの指定席を確保できます。最安値プランの多くが「セミダブル」のお部屋が多い中、「ツイン」を選べるのはうれしいですね。新幹線についてですが、往路は6:56~19:26の間で運行する8本のこだま号から、復路は13:53~18:53の間で運行する6本のこだま号から選択できます。プラス2,000円でこだま号の「グリーン」を選択することも可能です。のぞみ号・ひかり号も選択可能ですが、時間帯によって1,600円~4,600円の割増料金が必要となりますが、さらにプラス3,200円でのぞみ号のグリーンに乗車できる時間帯もあるのは、ちょっとうれしい料金設定ですね!

サウナ無料券が付く!

阪急交通社の新幹線+ホテルパックの特長として、宿泊先や観光地で使える無料チケットが付くプランが多い、という点です。例えば、ここでご紹介している「ホテル阪神大阪」の場合、本来2,916円の別料金がかかる「1泊につき1回ホテル内サウナ入浴券」が付いてきます!サウナやお風呂好きの方にとっては見逃せない特典ですよね~。他のホテルやプランによっては、指定店舗での「串カツ3本無料券」とか、「新世界エリアで60分食べ放題+通天閣入場券」などお得な特典がありますので、特典の内容からホテルを選ぶ・・・なんていう楽しみもありますね!

阪急交通社のメリットは・・・レジャーや飲食などの特典付きのプランが多く、ホテルを選ぶ楽しさがある。2名以上の場合、同行者の乗車駅を東京駅以外に品川・新横浜・小田原から選べる

阪急交通社のデメリットは・・・新幹線の座席指定は一切不可。のぞみ号・ひかり号はすべて割増料金が必要。

こんな方におすすめ

  • 夫婦・家族で楽しい特典付きのパックプランを予約したい方!
  • 料金が少々アップしても、こだま号のグリーンで快適に旅行したい方にも!

 

JTB

国内の旅行代理店最大手のJTBも「エースJTB」のブランドで、新幹線+ホテルパックを販売しています。

エースJTBの新幹線+ホテルパックは、WEB限定商品と店舗でも予約できる商品とがあり、やはりWEB限定商品のほうが格安となっています。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)のWEB限定商品の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ホテルオークス新大阪/往復「こだま号」指定席利用⇒18,200円/名

                                                     ▼ホテルオークス新大阪

駅探のプランでも紹介している「ホテルオークス新大阪」は新大阪駅から徒歩13分の場所にあり、さらに阪急電車の南方駅のすぐ前と、とても利便性が高いホテルで、南方駅を使えば特に京都方面の旅行や出張に大変便利です。全館無線LAN対応のホテルで、無料Wi-Fiを利用できるのもうれしいところ。ホテルオークス新大阪の最安値プランは18,200円/名(ツイン)で、往復こだま号の指定席を確保できます。往路は6:00~19:59の間に運行する11本の「こだま号」から選択可能で、復路は7:00~18:59の間に運行する12本の「こだま号」から選択可能です。のぞみ号・ひかり号も選択可能ですが、1,500円~4,700円の割増料金が必ず必要となります。こだま号利用とは言え、ツインのお部屋を1人当たり18,000円台で予約できるのは、文字通り「格安」プランと言えるでしょう。

WEB予約&WEB決済で「トラベルポイント」が貯まる!

エースJTBのお得な特長として、WEB限定商品を予約した上で、WEBで事前決済をするとJTB「トラベルポイント」が貯まるという点です。無料で会員登録ができる「トラベルメンバー」になると、100ポイント(100円相当)単位で旅行代金の支払いに充てられる「トラベルポイント」が貯まります。例えばここでご紹介した最安値プランでは、0,5%のポイントがもらえますので、1人当たり91円分のポイントが付く計算です。「その程度か・・・」と思われるかもしれませんが「塵も積もれば山となる」ということわざ通り、JTBを利用してよく旅行されるようであれば、少しずつポイントが貯まっていきますので、無料で登録できる「トラベルメンバー」になっておくことをおススメします。なお、このポイントはWEB限定商品をWEBで予約した上で、店舗で料金を支払う場合には付与されませんのでご注意ください。

JTBのメリットは・・・ホテルの選択肢が充実していて、格安プランも多い。WEB限定商品の予約後、WEB決済でポイントが貯まる

JTBのデメリットは・・・「ネットで予約・支払いは店舗」の形の場合、旅行の7日前までに予約が必要。のぞみ号・ひかり号はすべて割増料金が必要で、座席希望は一切不可。

こんな方におすすめ

  • こだま号利用でOK,とにかく「格安」でホテルパックを予約したい方!
  • 旅行するなら、泣く子も黙る「JTB」!ネームバリューによる信頼感が欲しい方にも!

 

るるぶトラベル

大手旅行代理店JTBが運営する、国内旅行専門の商品を扱う「るるぶトラベル by JTB」でも、インターネット専用商品「るるぶトラベルツアー」の一環として新幹線+ホテルパックプランを販売しています。

るるぶトラベルの新幹線+ホテルパックは、WEB限定商品と店舗でも予約できる商品とがあり、やはりWEB限定商品のほうが格安となっています。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)のWEB限定商品の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ホテルリブマックス新大阪/往復「のぞみ号」指定席利用⇒27,700円/名

                  ▼ホテルリブマックス新大阪

ホテルリブマックス新大阪」は新大阪駅から徒歩3分と非常に近い場所にあり、さらに地下鉄御堂筋線 の「新大阪」駅からも徒歩 約7分と便利な場所にあります。ホテルリブマックス新大阪の最安値プランは27,700円/名(シングル)で、往復のぞみ号の指定席を確保できます。選択できる本数は少ないですが、JTBとは異なり選択できるのはのぞみ号だけで、ひかり号・こだま号は選択できません。選択するのぞみ号によっては、上記価格からさらに往路で最大1,000円、復路で最大1,500円の割引があります。のぞみ号の利用で、割引がある時間帯を選択できるというのは、大変珍しいと言えます。お部屋はシングルに2名が宿泊となるので、ベッドやお部屋はかなり狭いことを覚悟する必要はありそうです。

旅行前日でも予約が可能!

エースJTBの場合、予約可能期間は最短でも出発日の4日前の23:59までです(ネット予約&ネット決済の場合)。ところが、るるぶトラベルの場合は、出発日の前日14:59まで可能となっています。急な出張や所要でも、ササッとネット予約して出かけられるのも便利なところです。

るるぶトラベルのメリットは・・・旅行直前でも予約できるプランがある!のぞみ号で割引設定がある時間帯が存在する。

るるぶトラベルのデメリットは・・・全般的に料金設定がやや高い。ひかり号・こだま号を選択することができない。

こんな方におすすめ

  • 宿泊を伴う急なお出かけでも、できるだけ安くホテルパックを予約したい方!
  • 割引設定のある時間帯の「のぞみ号」を選択できる方にも!

 

東武トップツアーズ

東武鉄道の子会社である東武トップツアーズでも、新幹線+ホテルのパック商品を販売しています。

東武トップツアーズの新幹線+ホテルパックは、格安のWEB限定商品として取り扱われています。では、一例として2018年9月10日~11日の1泊2日(平日)の料金をご紹介します。ホテルは2名1室(食事なし)を条件とし、表示する料金は1人当たりの料金となります。

ホテルオークス新大阪/往復「のぞみ号」または「ひかり号」指定席利用⇒24,700円/名

               ▼ホテルオークス新大阪

駅探およびJTBで最安値となった「ホテルオークス新大阪」が東武トップツアーズでも最安値となりました。「ホテルオークス新大阪」は新大阪駅から徒歩13分の場所にあり、さらに阪急電車の南方駅のすぐ前と、とても利便性が高いホテルです。全館無線LAN対応のホテルで、無料Wi-Fiを利用できるのもうれしいところ。ホテルオークス新大阪の最安値プランは24,700円/名(シングルまたはセミダブル)で、往復のぞみ号またはひかり号の指定席を確保できます。こだま号であれば、すべて1,600円引きとなります。のぞみ号・ひかり号でも時間帯によって1,800円~3,200円の割増料金が必要となります。

東武トップツアーズのメリットは・・・のぞみ号利用が標準設定となっている。

東武トップツアーズのデメリットは・・・全般的に料金設定がやや高い。基本的に全日「問い合わせ」対応となっており、要望を伝えてから詳細を決めてゆくため予約に時間がかかる

こんな方におすすめ

  • のぞみ号に割増料金なしで乗車したい方!
  • 予約に十分時間をかけられる方にも!

 

まとめ 結局おススメはどこ?

この記事では、新幹線+ホテルパックを扱う旅行代理店を7社紹介いたしました。各社の最安値プランを一覧表にすると下記の通りとなります。

   ▼2018年9月10日~11日(1泊)のホテルパック最安値一覧(1名当たりの料金)

  のぞみ号利用 こだま号利用
JR東海ツアーズ 21,800円(~26,600円) 20,200円
駅探 24,700円(~27,900円) 23,100円
日本旅行 23,800円(~30,300円) 20,600円
阪急交通社 22,900円(~25,900円) 21,300円
JTB 19,700円(~22,900円) 18,200円
(るるぶトラベル by JTB) 25,200円(~27,700円) 設定なし
東武トップツアーズ 24,700円(~27,900円) 23,100円

こうしてみると、ひとことで「新幹線+ホテルパック」と言っても、代理店によって実に様々な料金体系となっていることが分かります。もちろん、料金だけでなく特色あるサービスを展開している代理店もあるので、サービス内容で比較することもできますね。

イチオシはJTB!

そんな中で、当記事でのイチオシは・・・! ズバリJTBです! のぞみ号を利用できる旅行代理店の中では、唯一2万円を切る「格安」料金を提示しています! もちろん料金面だけでなく、ホテルについてはセミダブルではなく「ツイン」のお部屋を予約できたり、WEBで申し込んだ限定プランの料金を店舗窓口でも支払えたりするなど細かい部分でのサービスはやはり旅行業界最大手だけありますね~

駅探もおススメ!

JTBに次いでおススメできるのは「駅探」です。最安値は他社に比べると「格安」という訳ではありませんが、表示金額のままで乗車できるのぞみ号・ひかり号が沢山あるのがメリットです。駅探なら、サクッと検索して「お~安いプランがあった!」と思ってフタを開けたら結局「割増料金」が必要な列車ばかり・・・という心配も要りません。

「駅探バリューDays」でレジャーご優待!

加えて、駅探にはもともと『駅探バリューDays』という優待サービスがあります。駅探バリューDaysは月額324円(税込)が必要ではありますが、「映画・遊園地・水族館・ホテル・レンタカー」など様々なレジャー関連の割引・優待が受けられるサービスです。会員制のため、一般には公開されていない割引や、より高い割引を受けることができますし、会員本人と二親等以内の家族・親族は「会員価格」での利用が可能なので、家族で1人加入していればOK。例えば、子どもから大人まで大人気の「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」の入場料金が当日券2,300円のところ常に1,900円(コンビニ発券)で購入できます。(期間限定で1,000円ポッキリになることも!例:有効期限2018年8月27日~10月15日まで)このチケットを1枚購入するだけで1ヶ月分の月額料金のもとが取れてしまいます!駅探は新幹線+ホテルパックでは「激安」という訳ではありませんが、特にご家族連れでの旅行であれば、こういう付加価値は見逃せないメリットですね!

「阪急交通社」なら無料チケットでちょっぴりお得!

阪急交通社のホテルパックなら、飲食やレジャーで使えるちょっぴりウレシイ無料チケットが付くプランがたくさんあります。「ホテルのサウナ」、「串カツ屋さんで串カツ3本」、「記念日の前後1週間以内の宿泊でメッセージカード・ミニブーケ付き」、「新世界エリアで60分食べ放題+通天閣入場券」などなど、特別な会員登録なしで、予約するだけで楽しめる特典が豊富です!「超・豪華特典」という訳ではありませんが、阪急交通社のホテルパックには『選ぶ楽しさ』がありますね!

以上、おススメのプランをご紹介しました。ご自身やご家族の事情、そして旅の目的に合わせて選んでください。では、最適なプランを選んでステキなご旅行を! 出発進行!!

-東京→大阪

Copyright© 新幹線ハック , 2020 All Rights Reserved.